ビザ・在留資格・永住に専門特化した大阪中央区の行政書士事務所。3つの強み【ビザ専門行政書士】【相談料ゼロ】【確かな実績】により、お客様を最大限サポート!

特集

お役立ち情報

外国人が会社設立後に必要な届出・手続き(税務・労務・社会保険)

税金・社会保険・外国人

このページでは、外国人が会社を設立した後に必要な、税金・社会保険等の税務労務関係の手続きについてご紹介します。ビザ(在留資格)の更新がきちんと許可される為にも、法律を守って事業を運営しましょう。

外国人採用で知っておきたい雇用の注意点【経営者・人事むけ】

外国人の雇用

外国人を雇用する場合には、在留資格(ビザ)、労働法、社会保険、各種届出等に注意すべき点が多々あります。このページでは、在留資格の専門家である行政書士の観点から、外国人採用において経営者や人事の方が注意するべきポイントをご説明します。

ビザ専門行政書士が解説!経営管理ビザの許可・不許可のポイント

経営管理ビザ

外国人が日本で経営者として活動するためには経営管理ビザという在留資格が必要です。申請条件となる事務所要件・資本金要件・資金源要件などについて、ビザ専門行政書士の視点から、許可・不許可のポイントについて解説します。

外国人の駐在員事務所を設置する流れと・方法と必要事項

外国人による日本への3つの進出形態、「日本法人(子会社)」「日本支店(支社・営業所)」「駐在人事務所」のうち、3番目の「駐在人事務所」を設置する場合の手続きについてご説明します。

外国人の日本支店(支社・営業所)設置の流れ・方法

経営管理ビザ

外国人による日本への3つの進出形態、「日本法人(子会社)」「日本支店(支社・営業所)」「駐在人事務所」のうち、2番目の「日本支店(支社・営業所)」を設置する場合の手続きについてご説明します。

外国人が会社を作る方法!会社設立の基本事項をわかりやすく解説

日本法人(株式会社や合同会社)の形態で日本に会社を設立する外国人のための、会社設立の流れと手続きについてご説明します。

外国人が日本で会社を設立する- 進出の方法と必要なビザ(在留資格)

経営管理ビザ

「外国人でも、日本で会社を設立できますか?」たくさんの方から、このようなことを聞かれます。答えは、できます。外国人の方でも、日本で会社を作ることは可能です。ここでは、海外から日本へ事業進出を考えたとき、設立できる会社のタイプと必要なビザ(在留資格)についてお話します。

外国人が日本に永住するための永住ビザ(永住権)について

永住権 永住ビザ

外国人が日本に滞在するには、ビザが必要です。滞在期限や目的を心配せずに、日本にずっと住めるようになるのが永住ビザ(永住権)です。ここでは、どんな人が永住ビザ(永住権)をとれるのか、申請に必要な条件についてご説明します。

経営・管理ビザ(在留資格)の申請-日本で会社設立する外国人向け

外国人の方が日本で経営者や管理者として活動する場合は、適切なビザ(在留資格)が必要です。ここで紹介する「経営・管理」のビザ(在留資格)とは、日本で起業したり、 外国から取締役を招きたい企業の方が対象となります。この記事では、経営・管理ビザの取得条件や必要な書類について詳しくご説明します。

一般的な就労ビザ、技術・人文知識・国際業務ビザ(在留資格)の申請事例

技術・人文知識・国際業務ビザ

現在海外にいて日本で働くことが内定している外国人の方が、無事に就労ビザ(在留資格)を取得するためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。今回は就労ビザ(在留資格)の中でも「技術・人文知識・国際業務ビザ(在留資格)」に関して、実際の事例からご紹介していきます。

外国人を雇用する就労ビザ・「技術・人文知識・国際業務」の在留資格

経営管理ビザ

外国人が日本に滞在し働くには、就労ビザ(在留資格)が必要です。「技術・人文知識・国際業務」の在留資格は、日本で働く外国人のなかでもっとも申請数が多い一般的な就労ビザといわれています。ここでは、外国人の雇用を考えている企業の方や、就労ビザ(在留資格)の申請を検討している外国人の方向けに、「技術・人文知識・国際業務」の詳細と申請に必要な条件についてご紹介します。

長期滞在したい外国人はどんなビザ(在留資格)変更手続きが必要?

外国人の雇用

一般のビザから永住ビザへの変更、短期滞在ビザから配偶者ビザや就労ビザへの変更、留学ビザから就労ビザや経営管理ビザへの変更について解説します。

在留資格(ビザ)の更新のルールをわかりやすく教えて!

新しい在留資格、特定技能ビザ

在留資格(ビザ)の更新に関してきちんと把握していますか?在留資格(ビザ)の更新や、変更は通るものなのか。さらに忘れていた場合にどうなってしまうのか。できるだけわかりやすくまとめましたので、ぜひ参考にして下さい!

日系四世のビザ(在留資格)および受入れサポーターについて

外国人の雇用

このページでは、日系四世外国人に適用される特定活動ビザを詳細に解説します。2018年7月1日から日系四世外国人も在留可能になります。国籍は問われず、一定範囲内の就労も認められます。ただし、支援者が必要なこと・主活動が日本文化習得なこと等、扱いづらい一面もあります。手続きのご依頼も承っておりますので是非ご相談ください。(相談無料/ご依頼10万円)

Q&A 忘れていて在留期限が過ぎてしまったけどビザ申請はできるのか?

特別受理

ついうっかり在留期限が過ぎてしまった場合の、ビザ申請の対処法を説明します。

Q&A 親が子供に会うために短期滞在ビザで日本に来日する為には

経営管理ビザ

親族訪問を例に、海外の居住者が短期滞在で来日する為の手続きの流れと概要を説明します。

Q&A 短期滞在ビザは更新できるの?

短期滞在ビザ

答えは、原則は認められませんが、例外として認められる場合があります。詳しくはアクセスしてください。

在留資格「介護」(介護ビザ)が創設されました

介護ビザ

日本国においての高齢化が進む中、介護人材のニーズが増大していることに鑑み、活動内容を「本邦の公私の機関との契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動」として、新たな在留資格「介護」(介護ビザ)が創設されました。

国籍離脱後、60日を超えて日本に在留する為には

国籍離脱後、60日を超えて日本に在留する為には、日本国籍離脱日から30日以内に在留資格取得許可申請が必要。これをしなければ不法滞在となる。不法滞在となれば、退去強制+懲役罰金刑もある。

監理団体向け:技能実習の監理事業許可を得る為には外部監査人・指定外部役員の選任が必要です。

監理団体が新しい技能実習制度において監理事業許可を得るためには、外部監査人または指定外部役員を選任しなければなりません。当該ページでは、外部監査人または指定外部役員の「違い」、「なれる者」、「職務内容」について詳細に解説します。

1 2 3 8 »
PAGETOP
06 - 6314 - 6390