ビザ・在留資格・永住に専門特化した大阪中央区の行政書士事務所。3つの強み【ビザ専門行政書士】【相談料ゼロ】【確かな実績】により、お客様を最大限サポート!

特集

裁判例

ビザに関する裁判例の読み方・活用方法

過去には入管手続きやビザという分野で、多くの裁判が行われています。 一般の方が過去に行われたビザ関連の裁判まで理解する必要はありませんが、私どものようなビザ専門家にとっては知っておかなければならない重要な事柄です。 この …

判決-機械作業者の資格該当性と資格外活動の「専ら」の定義

本判決の意義は、NC旋盤のプログラミング作業や旋盤機の修理は技術ビザに該当する活動であると判示した点、また資格外活動として退去強制事由に該当するためには、単に専ら活動を行っていた事実だけではなく、その事実に至った経緯・外 …

判決-不法残留・就労の事実だけでなく事情も考慮すべき

本判決の意義は、不法残留や不法就労、また出会ってから数日で結婚などの事実のみを判断して処分を下すのではなく、悪質な違法行為がされていない事や、実体的な婚姻関係・隣人との関係等の社会関係、不法残留・不法就労をした事情など外 …

判決-売春の事実だけでなく事情も考慮すべき

本判決の意義は、退去強制事由に該当する売春行為をした場合でも、やむを得ない事情があって悪質性がない場合は、単に売春行為をした事のみを判断するのではなく、事情等を考慮すべきと判示した点です。 売春をした期間が短期間であるこ …

「技術・人文知識・国際業務」や「技能」は経営活動ができる?

経営者ではなくとも、時には経営判断に参画する事もあり得ると考えられます。 在留資格「技能・人文知識・国際業務」や「技能」の活動内容は「本邦の公私の機関との契約に基づいて・・・業務に従事する活動」とされていますが、事業の経 …

執行猶予中の外国人が再入国許可を受ける場合の留意点

執行猶予の言い渡しを受けた場合、退去強制はされませんが、上陸拒否事由には該当します。 この場合、再入国許可を受けて自ら出国して、再び日本に戻る事は可能なのでしょうか? 結論の先取り 答えは、できる です。 再入国許可時に …

刑事事件起訴中の在留期間更新に関する留意点

刑事事件で起訴されてしまった外国人が、在留期限が満了してしまった場合、在留期間は更新すべきなのでしょうか? 刑事事件で起訴されれば当然不許可となると考えるのは早計です。 結論の先取り 答えは、するべき です。 前提知識と …

上陸拒否事由に該当しても在留資格認定証明書を交付される?

過去に犯罪等をしてしまい上陸拒否事由に該当してしまった外国人が在留資格認定証明書交付申請をした場合、許可処分を受けることが出来るでしょうか? 平成21年以前までも、上陸拒否事由に該当した外国人に対して在留資格認定証明書の …

過去の在留歴は在留資格認定証明書交付不許可の理由にならない?!

過去に日本に在留していた外国人が帰国し、その後新たに在留資格認定証明書交付申請をした場合、過去の在留中における不正な活動は考慮されるのでしょうか? 例えば、このような事案です。在留資格「留学」を有する外国人Aさんは認めら …

PAGETOP