ビザ・在留資格・永住に専門特化した大阪中央区の行政書士事務所。3つの強み【ビザ専門行政書士】【相談料ゼロ】【確かな実績】により、お客様を最大限サポート!

特集

お役立ち情報

文化活動ビザを取得するための条件

この記事では文化活動ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「審査のポイント」について解説します。 「在留資格該当性」については、在留資格認定証明書や在留期間更新の一般要件をご確認ください。 外国人が取得したい …

留学ビザを取得するための条件

この記事では留学ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。 「在留資格該当性」と「上陸許可基準」については、在留資格認定証明書や在留期間更新の一般要件をご確認ください。 …

興行ビザを取得するための条件

この記事では興行ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。 「在留資格該当性」と「上陸許可基準」については、在留資格認定証明書や在留期間更新の一般要件をご確認ください。 …

採用理由書・招聘理由書の記入例・注意点

この記事では、外国人の招聘機関・受入機関が記載する採用理由書・招聘理由書の記入例・注意点について解説します。 採用理由書・招聘理由書は入管法上の要件ではありませんが、プラスになるポイントをアピールし、また、マイナスになる …

技術・人文知識・国際業務ビザの在留資格認定証明書-必要書類と記入例

この記事では、技術・人文知識・国際業務ビザの在留資格認定証明書交付申請に係る必要書類と記入例・記入の注意点について解説します。 技術・人文知識・国際業務ビザに該当するために条件については、在留資格認定証明書や在留期間更新 …

日本人の配偶者等ビザを取得するための条件

この記事では「日本人の配偶者等」ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「活動の真実性」について解説します。  最新の情報に基づいた解説ページはコチラ→【2017年入管内部基準】日本人の配偶者等ビザの審査につい …

定住者ビザを取得するための条件

この記事では定住者ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「告示該当性」について解説します。  最新の情報に基づいた解説ページはコチラ→【2017年入管内部基準】定住者ビザの種類について(ビザ)  定住者ビザの …

家族滞在ビザを取得するための条件

この記事では家族滞在ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。 「在留資格該当性」と「上陸許可基準」については、在留資格認定証明書や在留期間更新の一般要件をご確認ください …

経営・管理ビザを取得するための条件

この記事では経営・管理ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。  最新の情報に基づいた解説ページはコチラ→【2017年入管内部基準】経営管理ビザの審査について(ビザ)  …

技能ビザを取得するための条件

この記事では技能ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。 「在留資格該当性」と「上陸許可基準」については、在留資格認定証明書や在留期間更新の一般要件をご確認ください。 …

企業内転勤ビザを取得するための条件

この記事では企業内転勤ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。  最新の情報に基づいた解説ページはコチラ→【2017年入管内部基準】企業内転勤ビザの審査について(ビザ) …

技術・人文知識・国際業務ビザを取得するための条件

この記事では技術・人文知識・国際業務ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。  最新の情報に基づいた解説ページはコチラ→【2017年入管内部基準】技術・人文知識・国際業 …

在留資格認定証明書や在留期間更新の一般要件

この記事では、在留資格認定証明書や在留資格更新などの在留資格に関わる申請の審査で考慮する一般的な要件について解説します。

「技術・人文知識・国際業務」や「技能」は経営活動ができる?

経営者ではなくとも、時には経営判断に参画する事もあり得ると考えられます。 在留資格「技能・人文知識・国際業務」や「技能」の活動内容は「本邦の公私の機関との契約に基づいて・・・業務に従事する活動」とされていますが、事業の経 …

入管申請における虚偽と勘違いについて

嘘と勘違いは故意の有無です。 申請者からしたら勘違いによる間違えだったにも関わらず、入管側から嘘と認定されてしまう事もあるのでしょうか? 結論の先取り 入管申請において不正な虚偽と認められるためには、故意があること・虚偽 …

執行猶予中の外国人が再入国許可を受ける場合の留意点

執行猶予の言い渡しを受けた場合、退去強制はされませんが、上陸拒否事由には該当します。 この場合、再入国許可を受けて自ら出国して、再び日本に戻る事は可能なのでしょうか? 結論の先取り 答えは、できる です。 再入国許可時に …

刑事事件起訴中の在留期間更新に関する留意点

刑事事件で起訴されてしまった外国人が、在留期限が満了してしまった場合、在留期間は更新すべきなのでしょうか? 刑事事件で起訴されれば当然不許可となると考えるのは早計です。 結論の先取り 答えは、するべき です。 前提知識と …

上陸拒否事由に該当しても在留資格認定証明書を交付される?

過去に犯罪等をしてしまい上陸拒否事由に該当してしまった外国人が在留資格認定証明書交付申請をした場合、許可処分を受けることが出来るでしょうか? 平成21年以前までも、上陸拒否事由に該当した外国人に対して在留資格認定証明書の …

過去の在留歴は在留資格認定証明書交付不許可の理由にならない?!

過去に日本に在留していた外国人が帰国し、その後新たに在留資格認定証明書交付申請をした場合、過去の在留中における不正な活動は考慮されるのでしょうか? 例えば、このような事案です。在留資格「留学」を有する外国人Aさんは認めら …

在留資格「短期滞在」(短期滞在ビザ)の内容と手続き方法に関する詳細

在留資格「短期滞在」(短期滞在ビザ)について、法務省HPや関係法令に記載されている資格の内容・手続き方法をベースに、より理解しやすく、さらに足りない情報を加える形で解説しています。 在留資格の内容 活動内容の範囲 日本に …

« 1 4 5 6 7 »
PAGETOP