ビザ・在留資格・永住に専門特化した大阪中央区の行政書士事務所。3つの強み【ビザ専門行政書士】【相談料ゼロ】【確かな実績】により、お客様を最大限サポート!

特集

お役立ち情報

在留資格の取消について2-取消手続き【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の内部基準も理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、在留資格の取消(取消手続き)について詳しく記述します。

在留資格の取消について1-総則【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の内部基準も理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、在留資格の取消(総則)について詳しく記述します。

在留資格認定証明書制度について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の内部基準も理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、在留資格認定証明書制度について詳しく記述します。

中長期在留者の活動状況等に関する届出について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の内部基準も理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、中長期在留者の活動状況等に関する届出について詳しく記述します。

在留カードに係る申請・届出について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の内部基準も理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、在留カードに係る申請・届出について詳しく記述します。

住居地の届出について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の内部基準も理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、住居地の届出について詳しく記述します。

中長期在留者の在留管理について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側が外国人の在留をどのように管理しているかについても理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、入管側の中長期在留者の在留管理について詳しく記述します。

進達審査体制について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の審査体制については理解しておきたいものです。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、入管側の審査体制について詳しく記述します。

進達・請訓・上申・専決について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の審査処理の権限のしくみを理解しておきたいものです。 ここでは、2017年入管内部基準に記されている、入管側の権限のしくみである、進達・請訓・上申・専決において詳しく記述します。

代理申請と取次申請について【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

在留申請は原則本人が申請しますが、代理申請と取次申請が認められています。ここでは、2017年入管内部基準に記されている、代理申請と取次申請のについて詳しく記述します。

入管側の審査の考え【2017年入管内部基準まとめ】

入管内部基準

外国人を適正にサポートし在留許可へ向けて実務をこなすビザ専門行政書士の私としては、入管側の審査に対する考えや組織を理解しておきたいものです。 ここでは、2017年入管内部基準に記されている、入管側の審査に関する心構えや留意点、組織のかたちと役割について記述します。

よくある質問、永住許可の居住要件

永住ビザの要件は、日本に10年住み、かつ、就労資格を5年持っていることです。 例えば留学ビザで日本の大学に留学に来て、大学院まで卒業し、その後就職して4年経過したとします。この場合、6年間の留学ビザ+4年間の就労ビザとな …

事業者向け-ゼロから始める外国人家政婦(家事代行・家事支援)

平成28年に国家戦略特別区域家事支援外国人受入事業が始まり、日本の家事代行業者様が外国人を雇い入れることが可能になりました。 平成28年11月時点では現時点では大阪で2業者、神奈川で4業者が外国人家政婦を受け入れ始めてい …

高度専門職ビザのメリットとポイント計算について

高度専門職ビザとは 高度専門職ビザは、「研究ビザ」や「技術人文知識国際業務ビザ」などの就労ビザを有する外国人が、高度なレベルで就労し日本に貢献できる者と認められれば、取得できます。 そして高度と認められるためには、下記の …

高度専門職1号ビザを取得するための条件

この記事では高度専門職1号ビザを取得するための条件である「在留資格該当性」と「上陸許可基準適合性」について解説します。 「在留資格該当性」と「上陸許可基準」については、在留資格認定証明書や在留期間更新の一般要件をご確認く …

資格外活動許可について

活動制限のあるビザを有する外国人は、そのビザの種類によって就労の範囲が限定的に定められています。 そして日本に在留する外国人が、現在有するビザに決められた就労の範囲を超えて、就労したい場合には資格外活動許可申請をしなけれ …

ビザ手続きの手数料について

手数料が必要な申請 すべてのビザ申請において手数料が必要となるものではありません。手数料が必要なビザ申請は下記のとおりです。 就労資格証明書:900円 在留資格変更許可:4,000円 在留期間更新許可:4,000円 永住 …

在留手続きの審査について

全般 審査の考え方 在留資格更新や在留資格変更の審査は、在留資格認定証明書の審査と考え方が異なります。 在留資格認定証明書の場合は、入管法が明記する上陸条件への適合性の有無を審査されるのに対して、在留資格更新や在留資格変 …

「ひとりで株式会社設立」を電子定款でさらに安く!!

株式会社の設立の為には、定款を作成し、公証役場で認証を受けなければなりません。 そこで定款を電子化する電子定款で認証手続きを行うと4万円削減となります。つまり会社設立に必要な法定費用24万4千円が、なんと20万4千円でで …

ビザ(在留資格)の取消しについて

ビザの取り消しの概要 入管法第22条の4に基づき、一定の場合には、外国人の方が有するビザ(在留資格)の在留期聞が満了する前に現に有する在留資格を取り消すことができます。 処分の前には、外国人に主張・立証の機会を与えて、意 …

« 1 2 3 4 7 »
PAGETOP