ビザ・在留資格・永住に専門特化した大阪中央区の行政書士事務所。3つの強み【ビザ専門行政書士】【相談料ゼロ】【確かな実績】により、お客様を最大限サポート!

特集

年別アーカイブ: 2018年

在留資格(ビザ)の更新のルールをわかりやすく教えて!

ビザ(在留資格)の更新

在留資格(ビザ)の更新に関してきちんと把握していますか?在留資格(ビザ)の更新や、変更は通るものなのか。さらに忘れていた場合にどうなってしまうのか。できるだけわかりやすくまとめましたので、ぜひ参考にして下さい!

日系四世のビザ(在留資格)および受入れサポーターについて

このページでは、日系四世外国人に適用される特定活動ビザを詳細に解説します。2018年7月1日から日系四世外国人も在留可能になります。国籍は問われず、一定範囲内の就労も認められます。ただし、支援者が必要なこと・主活動が日本文化習得なこと等、扱いづらい一面もあります。手続きのご依頼も承っておりますので是非ご相談ください。(相談無料/ご依頼10万円)

Q&A 忘れていて在留期限が過ぎてしまったけどビザ申請はできるのか?

特別受理

ついうっかり在留期限が過ぎてしまった場合の、ビザ申請の対処法を説明します。

Q&A 親が子供に会うために短期滞在ビザで日本に来日する為には

短期滞在ビザ

親族訪問を例に、海外の居住者が短期滞在で来日する為の手続きの流れと概要を説明します。

Q&A 短期滞在ビザは更新できるの?

短期滞在ビザ

答えは、原則は認められませんが、例外として認められる場合があります。詳しくはアクセスしてください。

在留資格「介護」(介護ビザ)が創設されました

介護ビザ

日本国においての高齢化が進む中、介護人材のニーズが増大していることに鑑み、活動内容を「本邦の公私の機関との契約に基づいて介護福祉士の資格を有する者が介護又は介護の指導を行う業務に従事する活動」として、新たな在留資格「介護」(介護ビザ)が創設されました。

国籍離脱後、60日を超えて日本に在留する為には

国籍離脱後、60日を超えて日本に在留する為には、日本国籍離脱日から30日以内に在留資格取得許可申請が必要。これをしなければ不法滞在となる。不法滞在となれば、退去強制+懲役罰金刑もある。

PAGETOP